重箱…

久しぶりの(毎度の?)、揚げ足取り…、です(汗

今回は、日テレNEWS24 ではなく、TBS NEWS です。

動画配信の、TBS NEWSを見ていると、こんな報道が、ありました…

 ・先送りが続く「汚染水」の行方
  TBS NEWS 3月2日 10時03分

上記のページは、動画配信されてたニュースを、文字起こししたもののようです。

記事の内容は、福島第一原発で溜まり続ける、トリチウム水の、処理についてです。

注目したいのは、最後から数えて二段落目にある、次の下りです…

 (Q.要するに、国の方針に従うしかないということですか)
 はい。我々はそれを待ってるという段階になります」


Q. は、TBSの記者さんで、はい。 は、東電の担当者さんです。

なんだか、受け答えがトンチンカンと言いましょうか、認識の違いと言いましょうか、行き違いみたいなモノを、私は感じるのですが、どうでしょうか?

要するに…

 ・記者さんは、トリチウム水を環境に出すことは、悪いことだと思っている。
 ・担当者さんは、トリチウム水を環境に出すことは、当然のことと思っている。


という、認識の違いがあるように思えます。

そして、最終段落を見てみると…

 ただ、「トリチウム」以外の放射性物質についても完全に除去されている保証はなく、

と、ありますが、これも、なんだか変な文章…、なのではないでしょうか?

その直前の文章は…

 政府はトリチウムについて、通常運転の原発からも一定量が放出されているなどとして、「処理水」を海に流す案を軸に調整を進めています。

なのですが、この政府の案について…、つまり、トリチウム水を海に流すこと自体の妥当性について、TBS側は、是なのか非なのか、どちらかハッキリ言っていないのです。

是として、なおも反対するのならば…

 ただ、「トリチウム」以外の放射性物質について "は" 完全に除去されている保証はなく、

と、書くべきではないでしょうか?

非とするのなら…

 それは許されないことだっ!

と、単純に書けば、済むコトではないでしょうか?

つまりは、国際的には、トリチウム水の海洋放出は常識だというコトに、漸く気づき始めたけれども、今まで散々反対していた手前、前言撤回するわけにも行かず、歯切れが悪くなった…、と、いうところなのではないでしょうか…?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント