要領…

きんきゅーじたいせんげん 延長みたいですね…、私の地域では…、でも、このネタだと、以前書いたことの繰り返しになると思いますので、前回の続きみたいな感じにしようと思います(汗

詐欺師の手口 のうち、前回書いたような、関係の無い事象を並べる という方法は、日常生活においても、手軽に運用 出来ますし、応用範囲も広い と、思います。

例えば、町内会なんかで…

 "次期の役員やってくれない?"

とか、面倒なことを言われた時…

 ”いや~、ウチの親も、年取っちゃいましてね~”

とか、答えることです。

字面だけを見ると、この二つには、何ら関係が無いのは、明瞭だと思います。

しかも、年をとったからどうなんだとは、一言もいっていません。

そうであっても、相手は、…

 "年寄りの介護とか、大変だろうな~"

とか、勝手に、思うかもしれません…、思わせることが重要でしょう…、つまり、思い込みを起こさせるのです…、そうなったら、シメたモノでしょう…、当の親は、遠く離れた地にいる兄弟と同居しているとか、年はとってもピンピンしてるとか、そういった事実があったとしても、全く関係ありませんでしょう。

ここから、自分にとって有利な方向へと、話を進めることが、可能となると思います。

しかしながら、この場合、一つだけ、ポイントがあると思います…、相手にも、自分と同様な、高齢の親がいる…、つまり、共感を起こしやすい環境にある…、と、いうことです…、そうでなければ、相手が豊かな想像力を持っているとかしない限りは、"思い込み" を起こしてくれる可能性が、限りなく、低くなってしまうでしょう。

相手が年若く、同様に、親も若かった場合、お年寄りの介護などは、想像もつかないと思いますので…

 "それが、なんなの?…関係無いじゃんっ"

とか、素で返される公算が、とてつもなく、高くなってしまうと思います。

このように、詐欺師の手口としては、…

 ・共感のあるネタを振る
     ↓
 ・相手に想像させる
     ↓
 ・それを思い込ませる
     ↓
 ・思い込みで思考停止させる


というプロセスが、重要だと思います…。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント